Web予約

男性の方はこちら

ADMONE

閉じる

store

アドラーブルについて

脱毛に重要な毛周期とは?

毛周期ってなに?

脱毛サロンや病院などで脱毛を行うと、施術が1度で終わるわけではなく、施術が完了するまで早くて半年、人によっては1年や3年ほどの期間が必要となってきます。これは、身体の体毛が生まれ変わるサイクル「毛周期」が大きく関係しています。体毛は成長すると自然に抜け落ち、また新しい毛が生えてくるというサイクルを繰り返しています。このサイクルの事を「毛周期」と呼びます。部位や個人によって差はありますが、毛周期には“成長期”、“退行期”、“休止期”と段階があり、脱毛サロンなどではこの毛周期の3段階に合わせて施術を行っていくのが一般的です。

毛周期で大事な、
体毛の組織と構造

目に見えるのはたった1本の毛ですが、皮膚の中まで辿っていくと、下の図のように、とても複雑な構造をしています。そして各部分で大切な役割を果たしているのです。

毛周期を考慮した適切な脱毛期間

効果的な脱毛施術は、毛周期を考慮して行う必要があります。なぜなら、毛周期には成長期・退行期・休止期の3段階がありますが、脱毛機が反応するのはメラニン色素が濃い「成長期」の毛だけだからです。アドラーブルでは、毛周期に合わせて3週間~1カ月に1回の頻度での脱毛をお願いしております。

  1. 成長期

    その名の通り、成長期は毛が伸びる時期のことです。毛乳頭から養分をもらった毛母細胞が分裂することによって毛が増えます。毛の黒色の色素であるメラニン色素が濃いため、脱毛機の光が反応しやすく脱毛効果が表れやすいです。

  2. 退行期

    毛の成長が止まり、メラニン色素が薄くなる時期です。毛母細胞の分裂スピードが遅くなり、毛が毛穴から離れて抜け落ちる準備を始めます。メラニン色素が薄いため、脱毛機の光を当てても効果は表れません。

  3. 休止期

    毛が完全に抜け落ちて、毛穴が休止する時期のことです。次に生えてくる毛の準備期間でもあります。退行期と同じくメラニン色素が薄いため、脱毛機の光を当てても脱毛効果は表れません。

毛についてよくわかる用語集

  1. 毛幹(もうかん)

    肌表面から出ている部分。普段、私たちが「毛」、「ムダ毛」と呼んでいるところです。

  2. 毛球(もうきゅう)

    毛根の最下部にあり、膨らんでいる部分です。

  3. 毛根(もうこん)

    毛幹の延長ですが、皮膚の中に入っている部分をこう呼びます。

  4. 毛乳頭(もうにゅうとう)

    毛球の底辺のくぼみの部分。ここには毛細血管や神経が集中し、毛の成長に必要な栄養分を取り入れます。

  5. 毛母細胞(もうぼさいぼう)

    毛乳頭の上の部分です。毛乳頭から栄養分をもらい、毛母細胞が分裂することで、毛の成長が始まります。

  6. 毛包(もうほう)

    毛根全体を包む組織。上部毛包、中部毛包、下部毛包の3つに分かれています。

  7. 毛孔(もうこう)

    毛が皮膚表面に出てくるところです。普段、私たちが「毛穴」と呼んでいるところです。