store

アドラーブルについて

ムダ毛処理の間違い

自身に合うムダ毛処理を

女性の多くが悩んでいるムダ毛の処理。女性だけに限らず、近年では、男性でもムダ毛のお手入れをされている方が増えてきているそうです。ムダ毛の処理方法も様々ですが、あなたは正しいムダ毛処理をされていますか?最適なムダ毛処理の方法を知らないと、必要以上にお肌に負担をかけてしまい、余計にお肌を傷つけ、汚く見えてしまいます。ムダ毛を処理するにも、市販で購入できる便利な商品もありますが、間違った処理を行い続けることは、無駄に時間やお金をかけてしまい大変勿体無いですよね。まずは正しいムダ毛処理の方法を理解し、メリットやデメリットなどの知識を身に付けて、ご自身に合ったツルツルすべすべのお肌を目指しましょう。

あなたはどんな方法で処理してる?
主なムダ毛処理とは?

最近は、女性が脱毛サロンに通ったり、セルフのムダ毛処理の方法も増えてきています。主なムダ毛処理方法4つを挙げて、メリット・デメリットをご理解していただき、あなたに最適なムダ毛処理の方法をご紹介します。

T字カミソリ

カミソリ負けで、黒ずみや乾燥肌、炎症の原因が…!2日ほどでまた毛が顔を出します。

カミソリで角質も一緒に剥がしてしまう為、肌が乾燥し、リンパの近くは刺激により黒じみしやすくなります。肌荒れを起こす一番の原因です。

毛抜き

無理やり毛を抜くことで、お肌がブツブルの鳥肌に…!埋没毛や毛嚢炎の原因にもなってしまいます。

皮膚も一緒に引っ張られる為、毛穴が鳥肌の表面のようになってしまいます。毛穴が広がるので細菌が入って、炎症を起こしたり、増血作用で毛も太くなる原因にも。

脱毛・脱毛機

便利な脱毛機ですが、埋没毛や毛嚢炎の原因に…!生えてくる毛の向きもバラバラなので毛が生えてきた時に毛が濃く見えてしまいます。

抜くデメリットに加え、一定の方向へ一気に抜く為、毛根が曲がってしまい、色々な方向へ毛が生えてくる原因に。埋没毛の原因にもなりやすい。

脱毛ワックス・クリーム

刺激の強い、脱毛ワックスや除毛クリームは肌への負担が大きく、肌はかぶれる原因にもなってしまいます。

角質も一緒に剥がしてしまう為、肌荒れを起こしたり、かぶれの原因になります。乾燥するので、どんどん角質も厚くなり肌が固くなって埋没毛の原因にもなります。

特に入浴時の
自己処理は危険!?

自己処理も油断は禁物

お風呂場にはたくさんの雑菌があり、濡れた状態のお肌はとてもデリケートです。自己処理によりダメージを受けたお肌に雑菌が入り、炎症などを起こす可能性があります!自己処理は、清潔なお肌の状態で電気シェーバーがおすすめです。